「おすすめの占い」を見つけるための占い情報サイト

>

世界的に人気で、おすすめの占いとは

ヨーロッパやアメリカで主流の占い

ヨーロッパやアメリカにおいて占いというものはたくさんその種類がありますが、特に有名なものとしては、占星術(ホロスコープ)とタロット占いであると言えるでしょう。
占星術は星の動きなどを観測して、それによって物事の吉凶や運勢を占うというものです。
よく「おひつじ座のあなたは・・・」などとテレビで占われているのは、占星術です。
最終的な占いの結果の伝え方は占い師によって異なりますが、よい動きやよくない流れの傾向というものは概ね決まっていて、占い師はそれを勉強して占いをしています。
また、タロット占いも欧米にて人気の占いです。
その起源は諸説あり定かではありませんが、歴史上1400年前後に登場したとされています。
いわゆるカード占いで、22枚のタロットカードにはそれぞれ絵が描かれていて、出たカードの絵とその向きによって、運勢やその意味合いを占うというものです。

アジアやその他地域での占い

先ほど紹介した「骨を焼いてヒビの向きで占う」というものは、古代中国で行われていた占いです。
それが日本などに伝播していきました。
中国において特に発展したのは「風水」です。
これは大地には気脈というものが流れているという考え方が基本にあり、地形や建物の位置、構造などをその気脈を妨げないように配置するために編み出されたものです。
また、陰陽という考え方も中国では発生し、それらが混ざりあった形で日本に伝播、日本における都市設計や城郭、宗教建築物の配置などは、風水の影響にあるものも少なくありません。
有名な話ですが、江戸に町を築くにあたってその基本方針を取りまとめたのは天海という僧ですが、彼は風水による都市設計を基本として江戸の城下町を構想していきました。


この記事をシェアする